戦いの野に花束を

気がつけば始まっていた介護?の忘備録や愚痴満載毒吐きの独り言

お天気だったので

 

お散歩がてらお茶やさんでお茶。
f:id:yashahimeko:20210418143852j:image

 

甘味処ではなく、お茶屋さん。

 

日本茶を選んで、お茶請けのお菓子を1種類選びます。

 

日本茶はお急須とお湯のポットが出てくるので何杯でも頂けます。

 

ちょっとした穴場。

 

 

 

 

今日、

ギジはカートでお買い物に出ていたようです。

 

 

娘が逐一報告してくれますw

 

 

コロナのワクチンは実家の母には接種券と書類が届いていて、

弟がお嫁さんに見せると持ち帰ったそうです。

 

予約だとか何だとかやってくれるのでしょう。

 

此方は今週末頃に届くようなお知らせの広報が入っていました。

 

夫はギジに、接種券が届いたら言うように言ったそうですが、

 

忘れているかもしれないし。

 

(メモに書いてあるなら大丈夫かなw)

 

勝手に電話をするかもしれないし。

 

ま、自分で出来るならやれば良いと思います。

 

電話はできるんだし。

 

出来ちゃうから安心ではないけれど。

 

だからってお膳立てするのも嫌になってます。

 

もう、私は言われない事をする気はないですw

 

ワクチン接種して具合が悪くなったとかってなって、私が面倒診るのは嫌だなぁと思いますけれど。

 

 

コロナのお陰というか、

マスクしてギジに会う言い訳はできるので良いのですが。

 

ギジ本人から匂いがするわけではないのですけれど、

ギジ宅の玄関を開けた時のなんとも言えない臭いがねぇ。

 

娘は気にならないそうだけれど。

 

 

いっときマシにはなっていたけれど、最近また臭いが強くなっていて、

ギジが留守でも臭うのです。

 

 

加齢臭ってやつなのかなんなのか。

 

 

義ママンが認知症の診断を受けるちょっと前からなんですよね。

 

義ママンが元気だった時は、人工的な芳香剤の匂いがしていて、それはそれで苦手だったけれど。