戦いの野に花束を

気がつけば始まっていた介護?の忘備録や愚痴満載毒吐きの独り言

何とも言えない

結局は母の気鬱?って本当に気持ちの問題のようですな。

 

好きなことをしたら疲れても胸が苦しくなることはない。

 

体操教室もそうだし、リハビリもそう。行けば楽しい。

グランドゴルフも自分からやってみたくて近所の人に聞いて見学してやってみたと。

 

それを弟嫁さんから

熱中症になったらとか、そんなにいろいろしてるから疲れるとか言われちゃってグズグズなっているのかも。

 

母という人は昔からの外に出るのが好きなのだから楽しいならやればいい。体を動かすことが好きなんだし、やってせいせいするならやればいい。疲れた寝てればいい。

 

お父さんは怨霊じゃないんだから、思い出したって、そうだったね痛い痛いって言ってたけどもう痛くないでしょ。って仏壇のお父さんに言えばいいよ。

 

生きていたくないとか、死にたいなんて言われたらこっちも嫌だしウンザリしちゃうよ。

死にたいじゃなく。

充分生きたからいつ死んでもいいわ。でいいじゃない。

 

いつ死んでもいいんだから好きなこと楽しいことしたらいいんだって思えばいいし、すればいい。

 

精神科や心療内科にいくような状態ならグランドゴルフの見学をしようなんて思わないわよ

 

と、話した次第。

 

弟嫁さん弟も

 

母がグジグジとネガティブな事を言うから、

 

そんなにしんどいなら辞めろとか、

 

熱中症になったらとか心配するのかもしれなくて、

 

母にしたら、やりたいのに文句言われたとぐずぐずなようで。

家にいたって転んだり熱中症になることもあるし。

 

家で、鬱々しているより

外に出ているほうが良いと私は思います。

 

今日はあかんしんどいと

寝ているのは私が来れば何時もの事。

 

それでも、朝のラジオ体操の帰りに近所の人とお散歩して2000歩歩いて来ているので上等でしょう。

 

 

母の気持ちと弟嫁さんの気持ち。

 

すれ違いなのか嫁姑だからなのか、

 

何とも言えないや。